ホンダJADE

 

 

ホンダジェイドインフォメーション

ジェイドはミニバンというよりも、伝統的なパッケージングを突き崩した多目的ステーションワゴンと捉えたほうが理解しやすい。

 

一般的なワゴンの後席は、たいてい3名掛けのベンチシート。

 

ところが、大人3名が快適に座るには、全幅は1900mmぐらいないと足りない。

 

ならば、2列目は2名掛けとしてゆったり使い、不足する正員は3列目席でカバーすれば、全幅は広げずに済むし、5名乗車時に後席3名が窮屈な思いをすることはなくなる。
ステーションワゴンの延長だから、車咼を高くする必要はなく、操安性と乗り心地のバランスは取りやすい。
3列目のスぺ?スは必要最小限で良いが、左右に付ければ+1名の付加価値が加わる。

 

そんなふうにロジカルに考えれば、とても合理的である。
2列目シートはクッシヨンも背もたれも大きくて座り心地は快適。

 

スライド量は170mmあり、最前端にしても、身長180cmのサイト管理人がピッタリと座れ、乗降時の足抜けもギリギリOK。

 

スライドを100mmも下げれば快適に使える。
ロングスライドを可能にしたのが、シートレールの斜め配置。

 

後ろにスライドさせると座席が内側に寄るようになっており、ホイールハウスの出っ張りを巧みに避ける。

 

最後端までスライドさせると、左右席は密着するが、シートの内側にはついたて状のアームレストが付いており、乗員の密着を防いでくれる。
3列目席に乗り込むには、2列目シ?卜を前に転がす。

 

頭上空間はサイト管理人でもギリギリセ?フだが、姿勢が体育座りになるし、足を置く床の平面が絶対的に足りない。

 

しかしコンセプ卜を考えれば、それで十分。
3列目席はストラップを引くだけで床下に格納できる。

 

ラゲッジスペースを侵食しないため、ワゴンとしての使い^HWP上々だ。

 

 

走行性能

そんなユニークなパッケージングを持つジェイドだが、真骨頂は、むしろその走り。

 

ターゲットは欧州Dセグメント車の言葉通り、しなやかで懐の深いフットワークを披露する。

 

ハンドルを切った際のノーズの入りは素直だし、深くロールした状態でも、後輪が執拗にグリップを続けるから、だらしなく外側に膨らんでしまうこともない。
それを支えるのが、素性の良いボデイ。

 

フロン卜セクションは、欧州向けシビックの先代モデルと同じものを使用。

 

キャビンから後ろは専用設計だが、Cピラ?まわりとバックドア開口部に環状骨格を配置し、フレ?ムの結合部やドア開口部を強化することで、欧州Cセグメント車を上回るボデイ剛性を確保している。
そのしっかりしたボデイには、ヂュアルピニオン式の電動パワーステアリングや、ダブルウイッシュボーン式リヤサスなど、Dセグメントが採用するメカニズムをドッキング。
これで走りが悪いわけがない。

 

パワー卜レーンは1.5L直噴ターボ+ CVIと、1.5L+7速DCT式ハイブリッドの2本立て。

 

いずれも自然吸気2.0L+αのパフォーマンスを発揮する。

 

そんな走りを際立たせるため、2018年5月にベンチシート5人乗りも発売された。
車重は60kg軽くなり、純粋なスポーツワゴンとして楽しめるようになった。

主要諸元 ハイブリッドX ホンダセンシング
全長×全幅×全高 4,660×1,775×1,530
ホイールベース 2,760
車両重量 1,510kg
エンジン種類 直列4気筒DOHC+モーター
排気量 1496cc
最高出力 131ps
最大トルク 15.8kg
燃料タンク 40L (レギュラー)
トランスミッション 7速DCT
駆動方式 FF
タイヤサイズ 215/50R17
最小回転半径 5.5m
燃費 24.2km/L
車両本体価格 308万円